九井諒子先生のひきだし

2013年05月15日 23:32
友人から九井諒子先生の新刊を借りて読んだ。
単行本は3冊出ているけど、発売の度にその友人から借りて読ませてもらってる。買うよ、そのうち、買いますとも。

ということで3月に出た新しい短編集『ひきだしにテラリウム』を読んだ第一印象は「漫画が上手くなってる」ということだった。
特にそれを感じたのは猫がメイクをする様子を描いた短編(もう友人に返してしまったため、手元にないので題名は忘れたけど、たしか『かわいくなりたい』みたいなタイトル)。
毎度おなじみの高野文子先生とちょっと比較させてもらうと、『AERA COMIC 手塚治虫文化賞10周年記念』収録の書き下ろし漫画『おりがみでツルを折ろう』(単行本未収録作品)と近いことをしていると感じた。これはその名の通り、折り紙で鶴を折っているところを描いただけの漫画なんだけど、並の画力では正しく伝えることは非常に難しい。しかも高野先生の絵は非常に情報量が少ない上に、扱う対象が「紙」からなおさらだろう。しかし、高野先生はこれを難なく描いている。
高野先生について多くの漫画評論家からの共通の評価として「些細な日常の描写」「見たものを見えているよう描く能力」といったものがある。前者の最たる例が『おりがみでツルを折ろう』だろう。後者は模写の能力とかそういう意味ではなく、「漫画によって伝える能力」だと思う。コマ割り(視野)やカメラワーク(視点)を全て計算して読者の読み方を支配することで、突飛なアングルやカットを使いながらも読者が何が起こっているのかわからないという状況は起こらない。
そこで、猫のメイクはどうかというと、はじめに毛がボサボサと野暮ったい顔つきの猫がいて、睫毛を処理したり、アイラインを入れたりすることでかわいくなっていく様子が違和感無く描かれている。ある事物が作業によって別の形へ完成するという流れを漫画で描くのは先述したようにとても難しいんだけど、九井諒子先生はやってのけた。

単純に絵がうまくなっているというのもある。短編ごとに絵柄を少しずつ変えているのは前作と同様だけど、今回は少女漫画風の母親、スポ魂漫画風の父親、トレンディ漫画風の姉を持つ、ショートショートの主人公風の女の子なんていうわかりやすい描き分けをする漫画もあって面白い。

フィクションを現実世界に落とし込み、シミュレーションをする作風はさらに洗練されてきている。シミュレーションSFなんてのは昔からあるけど、サンタクロースや竜がほんとにいちゃった場合どうなるのか、その楽しさや苦悩を描く九井諒子先生の視点はよりミクロで身近だと思う。
しかも短編中心の作家に多い、休みがちということもなく描き続けている。アイディアや絵のかき分けもいまだに豊富で末恐ろしい。

神話、SF、ルポ漫画風、丸三角四角という記号自体の食べ方についての漫画まで、九井諒子先生のすごさはこういったひきだしの多さだと思う。





同じカテゴリー(マンガ)の記事画像
海外マンガフェスタ
『ドミトリーともきんす』発売記念。「高野文子-八百万の視線-」
『ああっ女神さまっ』完結。『冒険エレキテ島』連載再開。
鶴田謙二(2)
鶴田謙二(1)
さぶん市行きました(報告)
同じカテゴリー(マンガ)の記事
 高野文子原画展 (2015-12-01 00:18)
 海外マンガフェスタ (2015-11-20 01:59)
 『ドミトリーともきんす』発売記念。「高野文子-八百万の視線-」 (2014-12-29 19:22)
 『ああっ女神さまっ』完結。『冒険エレキテ島』連載再開。 (2014-04-26 20:27)
 鶴田謙二(2) (2013-12-18 22:37)
 鶴田謙二(1) (2013-11-30 23:02)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

このページの上へ▲